Best of the Year - 2003

●ALBUM (MELODIC ROCK)
1. NEXX / COLOURS
2. URBAN TALE / SIGNS OF TIMES
3. GARY HUGHES / ONCE AND FUTURE KING PART 1 & 2
4. GREEN / LIFE
5. PRIDE / SIGN OF PURITY
6. BOB CATLEY / WHEN EMPIRES BURN
7. TALISMAN / CATS AND DOGS
8. ACT/ LAST EPIC
9. BISS / JOKER IN THE DECK
10. SARACEN / RED SKY

1位はぶっちゃけ思い入れってのもあるけど、楽曲、プレイ、プロダクションとあらゆる面において今バンドが出せるベストな作品を引っさげてデビューを飾った NEXX 以外には考えられない。
2位以下では従来のメロディアス・ハードを基調に打ち込みからゴス的な要素まで貪欲に取り込み更なる進化を遂げた URBAN TALE 、聴き手の予想範囲内ではあるものの、完成度に磨きの掛かった PRIDE 、既に唯一無二の境地に達しつつある ACT 、メロハーの未来を担う可能性を提示したイタリアの新星 GREEN と新人・若手バンドの充実した作品がそれなりに出てきたのは嬉しいところ。その一方で BOB CATLEY 、 TALISMAN と聴き手の期待するものにしっかり応えたベテラン勢の堅実な作品も素晴らしかった。
あと、 GARY HUGHES 関しては、基本的にこの人が歌ってればパクリだろうがなんだろうが全てオッケーなんだけど、今回はロックオペラということでゲイリー自身があんま歌ってないのでこの順位に。


●ALBUM (OTHERS)
1. THE COOPER TEMPLE CLAUSE / KICK UP THE FIRE AND LET THE FLAMES BREAK LOOSE
2. TRAVIS / 12 MEMORIES
3. HOOBASTANK / THE REASON
4. AXENSTAR / FAR FROM HEAVEN
5. MUSE / ABSOLUTION
6. BRAINSTORM / SOUL TEMPTATION
7. RADIOHEAD / HAIL TO THE THEIF
8. SOUTH / WITH THE TIDES
9. LAST TRIBE / THE UNCROWNED
10.THE MARS VOLTA / DE-LOUSED IN THE COMATORIUM

メロハー以外ではこんな感じのアルバムを好んで聴いてたわけだけど、 THE COOPER TEMPLE CLAUSE は初期衝動をとりあえず全部出してみました的な 1st や EP の頃に比べ、やりたいことが整理できてきたというか、メロディ、アレンジともに完成度が飛躍的に向上したとあって、今年後半一番聴いたアルバムかも。
他には今の HAREM SCAREM にやって欲しいと思う音に最も近い(って歪んだ聴き方だよなぁ) HOOBASTANK の順当な成長振りも嬉しかったし、ソナタ直系哀愁キラキラ爆走メタルの AXENSTAR も早くてメロディアスなメタルが聴きたいと思った時に手が伸びることが多かった。


●BEST TUNES (MELODIC ROCK)
DISC 1:
1. Primal Scream / BISS
2. Children Of The Circle / BOB CATLEY
3. Cool Me Down / BURNS BLUE
4. On The Path Of Greed / COASTLAND RIDE
5. One step / COASTLINE
6. Never Say Surrender / CRYSTAL BLUE
7. Waterfall / DEMON DRIVE
8. Time After Time / DOUBLE CROSS
9. Eden / DREAMTIDE
10. When Will It Be Love? / DRIVE SHE SAID
11. Need To Fly / EMERALD RAIN
12. Midnight / ENZIGN
13. Broken Hearted / FRONTLINE
14. Once And Future King / GARY HUGHES
15. I Still Love / GREEN
16. Waited / HAREM SCAREM

DISC 2
1. Silence / HEARTPLAY
2. Time Is Running Out / IGNITION
3. I Will Never Leave You Now / JIM JIDHED
4. Falling Houses / KEN TAMPLIN
5. I Never Let You Go / LAST AUTUMN'S DREAM
6. Chance Of A Lifetime / MARC FERRARI
7. If You Could Lead My Mind / NEXX
8. The Moments / ON THE RISE
9. A Joyful Day / OPEN UP
10. It's Just Me / PRIDE
11. Sound Of Home / PRIDE OF LIONS
12. Don't Give Up / RADIOACTIVE
13. Castles In the Sand / SARACEN
14. My Lonely Heart / SAYIT
15. Love Will Come Again / TALISMAN
16. Satellite / TNT
17. Monsters / URBAN TALE

今年は iPod を手に入れたこともあり、お気に入り CD-R なり MD を作る時と違い、容量制限を気にせずに気に入った曲をプレイリストにポンポン放り込んでたら結構な曲数になったので、一応 CD-R 2枚に収まるように分けたのが↑の結果。曲順は例によってアーティスト名をアルファベット順に並べただけなので、1曲目が1位とかそういうことではないです。


●BEST TUNES (OTHERS)
1. Ark Storm / ARK STORM
2. Blind Leading The Blind / AXENSTAR
3. Highs Without Lows / BRAINSTORM
4. Secret File / CLARKESVILLE.
5. Promises, Promises / THE COOPER TEMPLE CLAUSE
6. Just One / HOOBASTANK
7. JustiΦ's / ISSA
8. Breaking The Habit / LINKIN PARK
9. When You Sleep / LONGVIEW
10. Am I Wry? No / MEW
11. There there / RADIOHEAD
12. House Of Jealous Lovers / THE RAPTURE
13. Enemy / SEVENDUST
14. Abandoned, Pleased, Brainwashed, Exploited / SONATA ARCTICA
15. Four To The Floor / STARSAILOR
16. Love and Death / THE STILLS
17. We All Need Love / TIM BURGESS
18. Love Will Come Through / TRAVIS

基本的にメロハー以外は浅く広くとヌル~い聴き方をしてるので、アルバム1枚で気に入るというよりも曲単位で気に入る傾向が大きいので、その気に入った曲を寄せ集めた結果がこんな感じ。ま、この中でも1曲だけ選べと言われば "JustiΦ's / ISSA" なワケですが・・・


●BEST LIVE
1. FREAK KITCHEN / 2003.03.27 Club Citta
2. NEXX / 2003.05.25 The Gods 2003
3. PRIDE / 2003.05.24 The Gods 2003
4. TRAVIS / 2003.08.02 Summer Sonic 2003
5. NIGHT RANGER / 2003.12.08 Club Quattro

1位はホントに観れて良かったと心から思えるほど楽しかった FREAK KITCHEN に。
ホントならベストライブは THE GODS 2003 と毎年恒例の芸のないことを言いたいところなんだけど、バンド単体で考えればその中でも NEXX と PRIDE は飛び抜けて良かった。勿論他のバンドも良かったけど。
TRAVISはライブの時点で披露された新曲が今ひとつピンとこなかったけど、生で聴くフランの歌声が素晴らしかったので。ま、かなり贔屓目に見てるのがあるんだけど。
NIGHT RANGER はノスタルジック集会にならない現役感バリバリのエネルギッシュなステージはリアルタイムで通過していようがいまいがハードロック好きなら見逃したことを後悔するほどの素晴らしいライブだった。


●BEST ARTIST
BEST GROUP : PRIDE
BRIGHTEST HOPE : NEXX
VOCAL : Kimmo Blom (URBAN TALE)
GUITAR : Chris Green (PRIDE)
BASS : Christer ヨrtefors (FREAK KITCHEN)
DRUMS : Bjorn Fryklund (FREAK KITCHEN)
KEYBOARD : Timo Pudas (URBAN TALE)
PRODUCER : Gary Hughes

ベストグループは NEXX でも良かったんだけど、アルバムの出来だけでなく「俺たちは凄いライブバンドだ!」というコメントを見事にステージで証明した PRIDEに。
各パートに関しては基本的にはライブで印象的なプレイを聴かせてくれた人を選んではいるけど、ヴォーカルの Kimmo Blom だけは例外。とはいえ、ライブではがっかりさせられたけど、作品をより魅力的に聴かせることのできる表現者としての資質の素晴らしさを URBAN TALE 、HEARTPLAY の2枚のアルバムで証明したことのあり、ベストヴォーカリストとして選出。ま、2001年の GODS ではライブでもイケることを証明してるしね。
プロデューサーは元になるストーリーに合わせた的確な配役とバンドでは出来ない壮大なドラマ性をなど、ソングライターとしてだけでなくプロデューサーとしても天才っぷりを見せつけた Gary Hughes に。ファンの贔屓目とか言われそうだけど、ファンなんだから贔屓にして当たり前。

About This Site

新譜レビューを中心にメロハーの「今」を伝えることを目的としたメロハーファンによるメロハーファンのためのメロハーサイトです。
Sorry, This site is Japanese only. If you want to contact me, please send mail to me
webmaster@melodicfrontier.com

お知らせ

MELODIC HARDROCK DISC GUIDE
2013年11月22日にディスク・ユニオン出版部門DU BOOKSより初の著書となる「メロディアス・ハードロック・ディスクガイド」を発売。厳選メロハー作品を400枚紹介。また、藤木昌生氏(BURRN!編集部)との特別対談も掲載。
全国の書店にてご注文受付中。また、以下のネット書店でもご予約いただけます。

DU BOOKS
Amazon.co,jp
HMV ONLINE
TOWER RECORDS ONLINE
楽天ブックス