ALLIANCE - Missing Piece

Label : Eecape Music | Cat-No : ESM048 | Release Date :1999

1.I'd Give Anything 2.Missing Piece 3.Building Wisdom From The Wounds 4.Call Of The Wild 5.I Gotta Know 6.Young Blood 7.It's A Long Way To Go 8.Without You 9.It's My Life 10.Don't Turn Away 11.Gotta Find That Woman 12.Do It For Free

ロバート・ベリー(Vo,B)、ゲイリー・ピール(G)、アラン・フィッツジェラルト(Key)、デヴィッド・ローザー(Dr)というメンツによるバンド(プロジェクト?)の2nd。THE SIGNがスーパグループと呼ばれるのであれば、この組み合わせだってスーパーグループと呼ばれてもおかしくないのに、1stの時から話題にならないどころかこの2ndに至っては国内盤すら出ないという状況。1stは結構メロディックでキャッチーな曲の揃ったなかなかの力作だった。しかしこの2ndでやっている音といえばキラキラ系の音でもなければ、アコギなぐらいキャッチーな音でもない。強引に例えればホンのちょっとだけシンフォニックになったBAD COMPANYとでも言えばいいのか。一言で言ゃあ、地味なロックとしか言いようのない音なんですよねぇ。このメンツでレーベルがESCAPE MUSICとくれば期待される音もキラキラ系メロディアス・ハードロックになるのだろうけど、これじゃファンの期待している音とはいえないし、話題にならないのもわからなくもない。

私も最初に聞いたときは地味だと思ったし、これといって印象的な曲もないのだけれど、なぜかじっくり聴き込んでしまう不思議な魅力に溢れているんですよねぇ。恐らくそれはロバート・ベリーの歌に依るところが大きいのだと思う。正直言ってロバート・ベリーの歌はスティーヴ・ペリーのような伸びやかなハイトーンは出るわけでもないし、ズバ抜けて歌が上手いというわけでもない。けれど時にポール・ロジャースを彷彿させる節回しで歌い上げるどこか煮え切らないメロディが非常に味わい深く、聴けば聴くほどその歌声に引き込まれてしまうんですよねぇ。

ポール・ロジャースやジョン・ウェイトのような情感や節回しが肝のシンガーって大体がブ厚いコーラス・ハーモニーに声が混ざらないことが多く、このロバート・ベリーもその例外ではない。ということもあってかこのアルバムには美しいコーラスハーモニーというものは殆ど登場せず、せいぜい"Young Blood"でちょっと厚めのコーラスが被さる程度で、あとは延々と歌い回しで勝負!といった感じの曲が並ぶ。その歌い回しのせいかメジャーキーの曲ですらどこか煮え切らないものがあるので、とにかくキャッチーで爽やかな曲が好みという方にはとてもじゃないがオススメできないけど、上記のシンガーやリーフ・スンディンやダーレン・ワートンのようなどこか煮え切らないシンガーが好みで、多少曲が地味でもOKという方は一度挑戦してみる価値はあると思います。

Score : 8 / 10

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

About This Site

新譜レビューを中心にメロハーの「今」を伝えることを目的としたメロハーファンによるメロハーファンのためのメロハーサイトです。
Sorry, This site is Japanese only. If you want to contact me, please send mail to me
webmaster@melodicfrontier.com

お知らせ

MELODIC HARDROCK DISC GUIDE
2013年11月22日にディスク・ユニオン出版部門DU BOOKSより初の著書となる「メロディアス・ハードロック・ディスクガイド」を発売。厳選メロハー作品を400枚紹介。また、藤木昌生氏(BURRN!編集部)との特別対談も掲載。
全国の書店にてご注文受付中。また、以下のネット書店でもご予約いただけます。

DU BOOKS
Amazon.co,jp
HMV ONLINE
TOWER RECORDS ONLINE
楽天ブックス