DARE - Beneath the Shining Water

Label : LEGEND RECORDS | Cat-No. : LGD2004 | Release Date : 2004.06.07

1. Sea Of Roses 2. Days Gone By 3. Silent Hills 4. Beneath The Shining Water 5. The Battles That You've Won 6. Allowed To Fall 7. I'll Be With You 8. Where Darkness Ends 9. Storm Wind 10. Last Train

Darren Wharton 率いる叙情派ロックバンドの 5th 。本作は前作 "BELIEF" でのケルト要素が一歩後退し、前々作 "CALM BEFORE THE STORM" にて聴かれたダークかつメロウな雰囲気を持つ曲が増えていたり、前作では控えめであった Andrew Moore の丸みを帯びた温かみのあるギタープレイが強調されているといった若干の変化こそあるものの、郷愁をそそるリリカルなメロディをアコースティカルな音像に乗せて聴かせるという前2作の流れを踏襲した基本路線に大きな変化はない。

また、ここにきて Darren Warton が表現者として更なる成長を遂げているといった印象を受ける。従来の声を張り上げて歌い上げるスタイルを敢えて抑え、低~中音域を主体としてゆったりとしたメロディを歌うことにより、このバンドの本来持ち合わせていた静の叙情性が更なる深みを増しているといえるだろう。中でも穏やかに流れるポジティヴかつ深みに満ちたメロディが丘を駆け上がるかの如くドラマティックな盛り上がりを聴かせる "Silent Hills", アルバムのタイトルトラックではリスナーをきっちり泣かせるという彼らの様式を踏まえた静の叙情詩 "Beneath The Shining Water" といった名曲と呼ぶに相応しい楽曲を生み出している点も流石だ。ただし、従来に比べるとキャッチーさが希薄であるため、どの曲にしても第一印象は薄いといった印象は否めず、その点に関してはリスナーに聴き込みを強いるかもしれない。しかし、繰り返し聴き込めば深みと味わいは円熟味を増していることがわかる。

とはいえ、正直に言えば色合いが統一され過ぎていてアルバム一枚を通しての起伏に欠けるという不満がないわけではない。初期のようなハードロック然としたとまでは言わずとも、現在のような音楽性であっても過去作において "Walk On Water" や "Promised Land" といったダイナミズムとメロウネスを併せ持つロックソングを生み出しているだけに、その辺りのバランスの悪さは多少気にはなったが、それに関してはリスナーの好みの問題だろう。

Score : 8 / 10

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

About This Site

新譜レビューを中心にメロハーの「今」を伝えることを目的としたメロハーファンによるメロハーファンのためのメロハーサイトです。
Sorry, This site is Japanese only. If you want to contact me, please send mail to me
webmaster@melodicfrontier.com

お知らせ

MELODIC HARDROCK DISC GUIDE
2013年11月22日にディスク・ユニオン出版部門DU BOOKSより初の著書となる「メロディアス・ハードロック・ディスクガイド」を発売。厳選メロハー作品を400枚紹介。また、藤木昌生氏(BURRN!編集部)との特別対談も掲載。
全国の書店にてご注文受付中。また、以下のネット書店でもご予約いただけます。

DU BOOKS
Amazon.co,jp
HMV ONLINE
TOWER RECORDS ONLINE
楽天ブックス