HODSON - This Strange World

Label : MARQUEE-INC. | Cat-No. : MICP-10445 | Release Date : 2004.06.23

1. This Foolish World 2. Jelunda 3. The Calling 4. My Saviour 5. English Rose 6. Shamen Eyes 7. Soulman 8. Light in the Black 9. The Swan 10. This Foolish World (Acoustic live version) * Japanese Bonus Track

TEN のキーボーディスト Paul Hodson のソロプロジェクトのデビューアルバム。その音楽性は彼がソングライティング、プロデュースを手掛けた Bob Catley のソロアルバム "WHEN EMPIRES BURN" と同一線上にある RAINBOW, DIO といったハードロック・クラシックスの影響下にある幾分様式美的なドラマ性を持つメロディアス・ハードロックになっている。TEN のライブではキーボードだけでなくバッキング・ヴォーカルも披露しているが、本作ではキーボードは当然ながら、リードヴォーカルを披露しており、その点からもキーボーディストのソロというよりはシンガー/ソングライターとしての Paul Hodson を表現することに焦点を当てた作風といえる。

元々ソングライティング能力の高さに関しては Bob Catley のアルバムにて既に証明済であるが、注目のヴォーカルに関しては Graham Bonnet や Rob Rock を彷彿させる力強く歌い上げるスタイルを得意としているようで、それだけに留まらず時に Kal Swan を彷彿させる英国的なウェット感が垣間見える場面もあり、シンガーとしても確かな資質を持っていることが伺える。しかしよく聴くと力強く歌い上げてはいるものの、音程の怪しい場面も少なくない。また、力一辺倒に押し切ろうとする場面も多く、 "Jelunda" のようなキャッチーなメロディを持つ楽曲のポップネスを削いでしまっている。そのようにシンガーとしてはまだ発展途上にあるといえるが、それでも歌唱力をアルバムのマイナス材料と感じさせないのはシンガーとしての資質の高さの表れであるといえよう。寧ろ初のヴォーカル作にしてこれだけ堂々とした歌唱を披露している点は十分評価に値する。

Score : 8 / 10

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

About This Site

新譜レビューを中心にメロハーの「今」を伝えることを目的としたメロハーファンによるメロハーファンのためのメロハーサイトです。
Sorry, This site is Japanese only. If you want to contact me, please send mail to me
webmaster@melodicfrontier.com

お知らせ

MELODIC HARDROCK DISC GUIDE
2013年11月22日にディスク・ユニオン出版部門DU BOOKSより初の著書となる「メロディアス・ハードロック・ディスクガイド」を発売。厳選メロハー作品を400枚紹介。また、藤木昌生氏(BURRN!編集部)との特別対談も掲載。
全国の書店にてご注文受付中。また、以下のネット書店でもご予約いただけます。

DU BOOKS
Amazon.co,jp
HMV ONLINE
TOWER RECORDS ONLINE
楽天ブックス