JEFF SCOTT SOTO - Prism

Label : KING RECORDS | Cat-No. : KICP-908 | Release Date : 2002.12.04

JEFF SCOTT SOTO - Prism1. Eyes Of Love 2. Heaven Knows 3. Don't Come Easy 4. Don't Wanna Say Goodbye 5. I Want To Take You Higher 6. Holding On 7. 2 Late 4 Goodbyes 8. Till The End Of Time 9. How Long 10. By Your Side 11. Don't Walk Away 12. Send Her My Love * 13. Again 2 Be Found (Live) * 14. Stand Up (Live) *
* : Japanese Bonus Tracks

YNGWIE MALMSTEEN, TALISMAN での活動で知られる名ヴォーカリスト JEFF SCOTT SOTO の2枚目となる久々のソロアルバム。前作 "LOVE PARADE" では自身のルーツであるソウル・ファンク色を前面に打ち出していたが、今作では彼のもう一つのルーツであるメロディアスなヴォーカル志向のロックサウンドを標榜しているのだが、決して甘口な印象を与えずにあくまで自身の主たる活動であるハードロックシンガーとしての姿をしっかり留めた上で多彩なヴォーカルスタイルを披露している。

ヴォーカルオリエンテッドな方向性を目指しているせいか、アルバムの大半をバラード系の楽曲が占めるのだが、一言でバラードと言っても洗練されたメインストリーム志向の "Heaven Knows", バラード調に始まり途中一転してアップテンポに展開する "Don't Come Easy", ドラマティックなコーラスハーモニーを導入したハードロックバラード "Holding On", 幾分レイドバックした雰囲気を持つ大らかな "Good Love" など様々なタイプのバラードを用意しているだけでなく、曲の雰囲気に合わせて多彩な表情を聴かせる彼のヴォーカルも素晴らしい。また、哀愁のメロディを聴かせる正統派メロディアスハードの "Eyes Of Love", プロデューサー兼シンガーとして参加していた TAKARA を彷彿とさせる爽快なロックチューン "2 Late 4 Goodbye", "LOVE PARADE" の方向性をよりメロディックに推し進めたといった印象の "How Long" などバラード系の楽曲こそ多いものの、数こそ少ないながらも充実したロックチューンもしっかり収められているのも嬉しい。

他のプロジェクト等での彼の活動を知る人間にとっては普段あまり聴くことの出来ないバラードシンガーとしての一面を聴くことを出来るというだけでなく、今まで彼の関わった作品を聴いたことのない人間にとっても優れたメロディックロックアルバムとして楽しめるだけのクオリティを有している。前作 "LOVE PARADE" は様々なプロジェクトでの活動の合間にガス抜き的な意味合いで作られたのではないかと思うが、今回ソロとしてこれだけ優れたアルバムを作り上げたのだから、今後は他のプロジェクトと同じくらいの比重でソロ活動の方にも力を入れていって欲しい。

Score : 8 /10

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

About This Site

新譜レビューを中心にメロハーの「今」を伝えることを目的としたメロハーファンによるメロハーファンのためのメロハーサイトです。
Sorry, This site is Japanese only. If you want to contact me, please send mail to me
webmaster@melodicfrontier.com

お知らせ

MELODIC HARDROCK DISC GUIDE
2013年11月22日にディスク・ユニオン出版部門DU BOOKSより初の著書となる「メロディアス・ハードロック・ディスクガイド」を発売。厳選メロハー作品を400枚紹介。また、藤木昌生氏(BURRN!編集部)との特別対談も掲載。
全国の書店にてご注文受付中。また、以下のネット書店でもご予約いただけます。

DU BOOKS
Amazon.co,jp
HMV ONLINE
TOWER RECORDS ONLINE
楽天ブックス