STARBREAKER - Starbreaker

Label : KING RECORDS | Cat-No. : KICP-1061 | Release Date : 2005.03.24

1.Die For You 2.Lies 3.Break My Bones 4.Crushed 5.Days of Confusion 6.Transparent 7.Light at the End of the World 8.Cradle to the Grave 9.Underneath a Falling Sky 10.Turn it Off 11.Dragonfly 12.Save Yourself 13.Days of Confusion (Acoustic Version)* : Japanese Bonus Track

Tony Harnell (Vocal / TNT), Magnus Karlsson (Guitar / LAST TRIBE) によるニュープロジェクトのデビューアルバム。音楽性は Magnus Karlsson が LAST TRIBE で実践しているテクニカルかつプログレッシヴな要素も内包した北欧叙情メロディックメタルを骨格に Tony Harnell ならではの伸びやかなハイトーンを活かした煌びやかな美旋律を加味するという、方向性という意味においてはこの二人のコラボレーションに期待する通りの音になっている。またそれだけに留まらず、Tony Harnell が 90年代以降の TNT や WESTWORLD で実践してきたモダンロック的アプローチからゴシック的な要素までをも貪欲に取り込み、オーセンティックなメタルという枠の中で多彩な方向性を打ち出している。

ただし、先に方向性としては期待通りと述べたが、一声発するだけで自身の音世界に染め上げるヴォーカルとレガードを中心としたテクニカルなギタープレイという互いの美点を完全に活かしきれていないように聴こえる。楽曲的には各曲とも平均点は軽くクリアした手堅い出来であり、繰り返し聴き込むとアレンジの細やかさやメロディの味わい深さを発見できるものの、パッと聴いた第一印象はやや地味め。アルバムの内容そのものは悪くはないものの、堅実ではあるが面白味には欠けるというのが正直なところ。所詮次があるかどうかもわからないプロジェクトなのだからソングオリエンテッドな方向性で手堅くまとめるよりも鬱陶しいくらいのキンキンハイトーンと執拗に攻めまくるレガードプレイと個性と個性を激しくぶつけ合うことで押しまくってしまった方が案外面白い作品になったのではないかと思う。

Score : 7 / 10

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

About This Site

新譜レビューを中心にメロハーの「今」を伝えることを目的としたメロハーファンによるメロハーファンのためのメロハーサイトです。
Sorry, This site is Japanese only. If you want to contact me, please send mail to me
webmaster@melodicfrontier.com

お知らせ

MELODIC HARDROCK DISC GUIDE
2013年11月22日にディスク・ユニオン出版部門DU BOOKSより初の著書となる「メロディアス・ハードロック・ディスクガイド」を発売。厳選メロハー作品を400枚紹介。また、藤木昌生氏(BURRN!編集部)との特別対談も掲載。
全国の書店にてご注文受付中。また、以下のネット書店でもご予約いただけます。

DU BOOKS
Amazon.co,jp
HMV ONLINE
TOWER RECORDS ONLINE
楽天ブックス